セキュリティ

NetSupport Managerは、31年間にわたり最も安全性の高いリモートコントロールを提供していると認識されています。最新バージョンは、アクティビティログから、ユーザー承認、256ビット暗号化、スマートカードのサポート、AD統合など安全性を拡大し続けています。NetSupport Managerは、世界中の軍や金融機関で選択されています。

パスワードによるシンプルな保護からNTセキュリティ、ActiveDirectoryとの連動やXNUMXビットAES暗号化モード、監査目的でリモートコントロールセッションの録画再生など広範囲で網羅。コントロールユーザーとクライアントのコンピュータを個別にプロファイル化して異なるセキュリティ権限と互換性を付与することも可能です。

NetSupport Managerはスマートカードに対応しています - コントロールPCで実行したスマートカードでのログインは、クライアントPCにリダイレクトされ適用されます。

主なセキュリティ機能:

すべてのシステムをパスワードで保護
ユーザー確認(受信した接続要求に対してクライアント側のユーザーが確認し接続の許可が必要になります)
暗号化されたデータ 56ビットDESから256ビットAESまでの設定可能な暗号化オプション
セキュリティキー(ほかのNetSupportライセンスとの)
録画再生 - セッション中のすべての操作履歴が残せるリモートコントロールの録画と再生
ユーザーアカウントまたは発信元IPアドレスによる接続を制限し、IPアドレスに基づいてHTTPアクセスを制御します(既知の場所からの接続のみを許可します)。
ブランク画面で重要な作業時はクライアント側のモニタを一時的にスタンバイ状態に変更
自動ログアウト 切断時に離れたシステムを自動的にログアウト(ログイン状態のままを回避します)
ユーザー設定可能なタイムアウト
ダイヤル接続用のダイヤルバックセキュリティ
中央管理室からセキュリティ設定を配布し一元管理
スマートカードに対応 - コントロールPCで実行したログインはクライアントPCにリダイレクトされ、適用されます。
スマートカード認証 - 接続ユーザー認証は、スマートカードの暗証番号を使って認証できるようになりました。もちろん既存のリモートログインにも体操しています。

統合セキュリティ:

既存のNTユーザープロファイルとの連動で接続リクエストが許可される前に受信ユーザーを確認
Active Directoryプロファイルとのダイレクト連動でユーザーを認証
Active Directoryテンプレートであらかじめ設定したクライアント設定を企業ポリシーに適用。
プロファイル機能で正規ユーザー別に異なる機能を利用可能。
OSのイベントログとの連動可能なイベントおよび履歴ログ。

*コントロールはPCを表示したり操作するPCです。
* クライアントは、表示または操作されるPCを指します

登録して最新情報を入手