セキュリティ

従業員がハイブリッド作業環境に分散している現在、従業員が安全を保ちながら効果的に運用できるようにするテクノロジーを持つことは、すべての企業にとって重要です。

NetSupport Managerは、33段階認証、SSL / TLS証明書、アクティビティログ、ユーザー確認応答、256ビット暗号化、スマートカードサポート、AD統合など、利用可能な最も安全なリモートコントロールを提供するものとして過去XNUMX年間認識されてきました。

さらに、組織のデータをさらに保護し、データを完全に管理できるようにするため(サードパーティのサービスを使用する必要はありません)、NetSupport Managerは、企業内またはプライベートクラウドにホストできるゲートウェイコンポーネントを介した柔軟なHTTP通信に加えて、IPを介したローカルLAN/WANサポートを提供します。

セキュリティが徹底的に実行されているので、NetSupportManagerが世界中の軍および金融機関の選択肢であることは不思議ではありません。

主なセキュリティ機能:

  すべてのシステムをパスワードで保護. さらに、コントロールゲートウェイのキーとオペレーターのパスワードは、より高いレベルの暗号化によって強化されています。
  ユーザー確認(受信した接続要求に対してクライアント側のユーザーが確認し接続の許可が必要になります)
  クライアントの実行可能ファイルの名前が変更された場合、実行できなくし、エクスプロイトやマルウェアとの戦いと保護に役立ちます。これは、有害なアクティビティが発生しないようにするための便利な機能です。
 クライアントログファイルを編集して、選択した情報のみを表示し、データ保護をさらにサポートすることができます。たとえば、サポートを受けるときにユーザー名などの個人データを保護することができます。 必要に応じて、「x」日より前のクライアントログファイルを消去することもできます。
 Active Directory との統合や56 bit AES 暗号化。さらに、SSL / TLS証明書が追加され、優れたデータセキュリティが実現されています。 独自の証明書を入力するか、ゲートウェイが Let's Encrypt 証明書を作成して使用できるようにすることができます。 暗号化しよう 証明書。
 セキュリティキー(NetSupport Managerのライセンスされた製品を企業固有のものとし、ソフトウェアの他のものとの互換性をなくす)は、より高いレベルの暗号化で強化されています。.
 録画再生 - セッション中のすべての操作履歴が残せるリモートコントロールの録画と再生
 ユーザーアカウントまたは発信元IPアドレスによる接続を制限し、IPアドレスに基づいてHTTPアクセスを制御します(既知の場所からの接続のみを許可します)。
  ブランク画面で重要な作業時はクライアント側のモニタを一時的にスタンバイ状態に変更
  自動ログアウト 切断時に離れたシステムを自動的にログアウト(ログイン状態のままを回避します)
  ユーザー設定可能なタイムアウト
 ダイヤル接続用のダイヤルバックセキュリティ
  中央管理室からセキュリティ設定を配布し一元管理
  スマートカードに対応 - コントロールPCで実行したログインはクライアントPCにリダイレクトされ、適用されます。
 スマートカード認証 - 接続ユーザー認証は、スマートカードの暗証番号を使って認証できるようになりました。もちろん既存のリモートログインにも体操しています。
 二要素認証(2FA)がゲートウェイに接続しているオペレータがリモート接続を開始するときに使用できます。この追加のセキュリティレイヤーは、時間ベースのOTP(TOTP)とDUOプッシュを使用して、最大12時間オペレーターを認証します。
 Supports RADIUS authentication.

統合セキュリティ:

 既存のNTユーザープロファイルとの連動で接続リクエストが許可される前に受信ユーザーを確認
  Active Directoryプロファイルとのダイレクト連動でユーザーを認証
 Active Directoryテンプレートであらかじめ設定したクライアント設定を企業ポリシーに適用。
  プロファイル機能で正規ユーザー別に異なる機能を利用可能。
  OSのイベントログとの連動可能なイベントおよび履歴ログ。

*コントロールはPCを表示したり操作するPCです。
* クライアントは、表示または操作されるPCを指します

登録して最新情報を入手