Chrome

現代のIT 環境では柔軟性がカギです。製品の 既存の マルチプラットフォームサポート機能に追加しGoogle Chrome OSデバイスをリモートで管理できます。 NetSupport Manager コントロールは、HTTP経由でChrome用NetSupport Managerクライアントが実行してるGoogle Chrome OS デバイスと通信します。

Chrome OSの「クライアント」システムに接続する際の主な機能は次のとおりです:

環境

NetSupport Manager コントロールは、HTTP経由でChrome用NetSupport Managerクライアントが実行してるGoogle Chrome OSデバイスと通信します。希望のコンポーネントのインストールや設定のヘルプは下記ドキュメントを参照してください。

リモートコントロール

各Chrome OSクライアント画面の鮮明なサムネイルが単一ビューでコントロールに表示することができます。
クライアントの画面を気づかれずに監視(観察モード)やリアルタイムでリモートコントロール(共有モード)することができます。
リアルタイムの指導やデモに、Chrome OSクライアントをコントロール(WindowsまたはMac)画面にブラウザタブか全画面表示モードで表示することができます。
クライアントにコントロールのデスクトップのアプリケーションを表示させることができます。
マルチモニタのサポート – マルチモニタを実行しているChrome OSデバイスを監視。
クライアントのマウスとキーボードをリモートで「ロック」することができます。
Chrome OSクライアントはコントロールが開始するテキスト「チャット」に参加できます。
Chrome OSクライアントはコントロールが送信したメッセージを受信することができます。

サポートツール

リモートクリップボード – 画面受信中にクライアントのクリップボードの内容をリモートでコントロールが取得することができます。コントロールのクリップボードのコピーをクライアントに送信することもできます。
ヘルプ依頼ファシリティ – クライアントはコントロールにヘルプの依頼を送信することができます。

柔軟性

PIN接続 – 中央のPINサーバモジュールを介して双方が一致するPINコードを入力することでクライアントはコントロールと即時に接続を開始することができます。

セキュリティ

ユーザー承認 – クライアントは受信した各接続要求を承認することができます。

「コントロール」はシステムを見たり/制御するPCです。
「クライアント」は見られたり制御されるChrome OSデバイスです。

Chrome インコグニートモード::
クライアントのフル制御を維持するには、Chrome OSユーザー設定でインコグニートモードを「許可しない」ことを推奨します。これは、Google管理コンソール経由でセントラルで実行できます。

Chromeのインストールと動作条件::
NetSupport ManagerコントロールがChrome OSデバイスと接続し対話できるようにするには:NetSupport接続サーバがWindowsサーバにインストールされている必要があります。NetSupport Managerコントロール(Windows、Macまたはモバイル)が技術者のコンピュータにインストールされている必要があります。NetSupport Manager Chromeクライアント拡張が各Chromeデバイスにインストールする必要があります。

Chrome OS用NetSupport Managerクライアントには既存の既に購入したNetSupportライセンスが使用されます(十分な未使用のライセンスをお持ちの場合に限り)。または追加Chrome OSクライアントだけをNetSupport販売店から購入することができます。

順を追ったインストールと設定の手順については次のドキュメントを参照してください。

Chrome パンフレット
英国 United States of America カナダ ドイツ スペイン フランス イタリア オランダ オランダ オランダ ポーランド

登録して最新情報を入手