特長

NetSupport Managerは、最新のリモートアクセス、PCサポート、デスクトップ管理機能を引き続き提供し、リモートサポートを可能な限りシンプルかつ柔軟にするための豊富なサポート機能を備えています。

デスクトップ、ラップトップ、タブレット、スマートフォンから、PC、サーバー、スマートフォン、ロボット、さまざまなWindowsIoTデバイスをサポートできます。

マルチプラットフォーム OS のロゴ

リモートコントロール

監視

サポートツール

接続性

ロボットと Windows IoT デバイス

リモートワーク

セキュリティ

トレーニングと新人研修

新機能

 

 

 

リモートコントロール

NetSupport Manager で

技術への依存が大きくなるにつれて、システムのダウンタイムの運用への影響、またはキーシステムに瞬時にアクセスできない時間のロスも大きくなります。

NetSupport Managerは、デスクトップリモートコントロールに対しユニークな提案を提供し続けています。XNUMXつのソリューション - お使いのデスクトップ、ノートパソコン、タブレットまたはスマートフォンから利用できる - 移動中にリモートで、オフィス内からローカルであなたの企業全体のワークステーションやサーバーへのシームレスかつ安全なアクセスを可能にします。

 

リモートコントロール

N

LAN、WAN、またはインターネットを介してすべてのシステムを参照、特定、接続します。

N

• 完全に統合されたリモートデプロイユーティリティ: コントロールのローカルマシンを素早く検出。電源が入っていないマシンにWake on LANコマンドを送信。

N

解像度、ネットワークプロトコル、オペレーティングシステムに関わ らず、 ワークステーションの画面、キーボードとマウスを観察、共有、 制御。

N

低速回線でシステムを管理する際に、リモートコントロールの色数を最 適化します。

N

リモートコンピュータのアプリケーションをリモートで起動。

N

接続されているすべてのシステムの画面をリアルタイムのサムネイルで監視します。 選択した PC の上にマウスを移動すると、表示が拡大されます。

N

複数のシステムを巡回し、XNUMX台または複数のワークステーションを切り替えて、コントロール コンソールにそれらの画面を表示します。

N

リアルタイムの指導に自分の画面、選択したモニタまたは選択したアプ リケーションを複数の接続したコンピュータに表示。

N

リモートコントロールまたは画面送信中に豊富な描画ツールで画面に 注釈を挿入する。

N

参照用にセッション中のスクリーンショットをキャプチャします。

N

トレーニング、セキュリティ目的で動画「リプレイファイル」に画面のアク ティビティを記録します。

N

トレーニングとサポートの有効性の両方を支援するために、ホワイトボード機能はチャットセッション内からもから提供されています。

コミュニケーション

NetSupport Manager内で、ユーザーは選択した複数のユーザーとの間でテキストまたはオーディオモードのいずれかで双方向のチャットセッションを行うことができます。

チェット受信者が応答しない場合、各ワークステーションに警告音を送信することができます。チャット進行状況が「チャット履歴送信」機能を使用して途中参加のユーザーに送信することができます。もちろん、チャット内容を将来の参考用に保存することもできます。ユーザーは選択した1台以上の複数のPCにテキストベースのメッセージを送信することもできます。もしくはネットワーク上のすべてのPCに一斉配信することもできます。サーバーシャットダウンなどの緊急時に役立てることができます。

NetSupport Managerは、リモートPCの音声アプリケーションのサウンドのシームレスなストリーミングだけでなく、話すだけ、聞くだけ、双方向の音声会話(リモートコントロールセッション内外の両方)が可能な拡張オーディオサポートを提供します。オーディオのサポートは、すべてのLAN / WANおよびインターネットベースの通信を介して利用可能です。

エンドユーザーは(有効にしている場合)支援を必要とするときにヘルプデスクに直接ヘルプ依頼を送信することもできます。ヘルプ依頼は、利用可能なすべてのNetSupportオペレーターに送信されるか、ユーザー定義のアカウントに基づいて特定のオペレーターに直接創始hンされます。NetSupport ManagerのコントロールUI内リクエストの着信が表示されます。

 

リモートシステムの自動グループ化

N

コンパクト モードで非表示または最小化できる「ツリー ビュー」を使用して、IT インフラストラクチャの概要を即座に表示

N

オペレーティングシステムやPCタイプなどの事前定義された基準に基づいてリモートシステムをグループ化します。

N

さらに、すべてのデバイスがNetSuportのバージョン、でグループ化されアップグレードが管理しやすくなります。

N

「最近の接続デバイス」一覧に迅速にアクセスできるだけでなく、自社の組織図を反映するようにユーザーは自分自身でグループ化することができます。

N

接続されたデバイスの「最近の」リストへのクイック アクセス。

位置特定

ユーザーがリモートPCに接続すると、(有効になっている場合)デバイスの位置が外部の詳細に基づいて計算されます。

この情報は、NetSupport Managerがコントロールアプリケーション内で町、県、国(フラグ付き)を表示して各リモートデバイスのおおよその位置を提供することができます。デバイスは、自動的に容易に管理できるように国別にグループ化されます。機能は、コントロールとクライアント両方で有効または無効にできます。またグループポリシーを介して管理することができます。

 

 

 

監視

NetSupport Manager で

監視モード機能は、ユーザーが接続されているすべてのクライアントワークステーションの縮小画面ビューを表示することができます。これらのサムネイルのサイズは、大きさを調整することができます。加えて、ユーザーが選択した各PCの拡大表示のためにサムネイルの上にマウスを重ねることができます。

このビューは、接続経験のあるデバイスが一覧s表示さるとOSアイコン、位置フラグ、WiFiとバッテリーの詳細などがオーバーレイされるアイコンモードに切り替えることができます。

このユニークな機能により、ユーザーは対象のシステムに定期的に目を光らせることができ、介入が必要な場合が必要かどうかをすぐに判断することができまうs。またビューは、OSの種類、ネットワークアドレス、無線LAN電波強度、バッテリー残量(適切な場合)、簡単に識別するための現在ログオンしているユーザー、コンピュータ名などの主要な視覚情報を提供しますs。ユーザーもマルチモニターシステムから選択したモニタを表示すか選択できます。

 

 

サポートツール

NetSupport Manager で

ファイル転送

ユーザーは、簡単なドラッグアンドドロップを使用して自分のPCとユーザーのPC間でファイルを転送することができます。さらに、ダウンロードフォルダがツリービューに表示されるようになり、ファイルをすばやく簡単に直接転送できるようになりました。 定期的にアクセスする必要のあるフォルダは、ツリービューの「お気に入り」フォルダに追加できます。

リモートマシンを画面受信している時でもデスクトップに直接ドロップすることができます。

N

ディレクトリは、XNUMXつのワークステーションで自動的に同期され、適切なファイルの種類が編集されます。NetSupport Managerは、既に存在するファイルを上書きするときにデータ転送時間を減らすためにインテリジェントな差分ファイル転送を使用します。ファイル内のデータのB個々のブロックをチェックし、変更のあったデータだけを転送します。

N

ユーザーは、手軽に自分のPCから複数のクライアントPCに同時にファイルまたはフォルダを配布することができます。この機能を使用して、ファイルはすべての接続クライアント(エンドユーザー)PC、選択したPC、グループに配布されます。デスクトップまたは「マイドキュメント」フォルダに素早くドロップすることもできます。

N

コントロールが最近操作したファイルのリストを表示し (最新の 20 ファイルが表示されます)、ワンクリックでクライアントに送信します。

N

NetSupport Managerの最新バージョンは、ライブフォルダを備えています。リモートPCにファイル転送を開始すると、そのデスクトップの開いているフォルダ(エクスプローラウィンドウ)へのパスが簡単に選択できるようにファイル転送画面の上部に表示されます。

N

クライアント マシン上のファイルも、コントロールでシームレスに開いて編集することができます。 クライアント ファイルをダブルクリックしてコントロール マシンにアップロードし、必要な変更を加えると、クライアント マシンにコピーされます。

リモートインベントリとシステム情報

ユーザーは、NetSupportコントロール内から各リモートPCワークステーションのインストールされているハードウェアとソフトウェアのリアルタイムビューを直接取得することができます。NetSupport Managerは、80項目以上の情報、特に各PCのハードウェアや環境を収集します。

加えて、現在インストールされているアプリケーションのソフトウェアインベントリだけでなくインストールされているすべてのOSホットフィックスも提供されます。

リモートサポートと診断をさらに支援するために、ユーザーは、メモリ内のアプリケーション、実行中のすべてのプロセス、および現在インストールされているサービスをリモートで表示し、セキュリティの許可、制御ができます。

統合

NetSupport Managerは、スタンドアローンおよび既存のシステムないの主要な部分としての両方で機能するように設計されています。このことを念頭において、NetSupport Managerは、環境にかかわらずNetSupport Managerがアクセス可能で直接使用できるようにコマンドラインインターフェイス、変数サポートやコマンドライン「スイッチ」を使用した機能へのアクセスを提供します。

Additional support tools

N

リモートコンピュータの印刷キューをコントロールPCにキャプチャして転送。

N

自分のPCでリモートシステムからローカルのコマンドプロンプトを起動。

N

クライアントPCをリモートで電源オン/オフ、ログオン/ログオフまたは 再起動。

 

 

 

接続性

NetSupport Manager で

NetSupport Managerは、デバイスがどこにあってもアクセスできる広範囲の接続方法を提供します。何よりもまず、NetSupport Managerは、接続したいデバイスに「クライアント」コンポーネントを、リモートコントロール接続を開始したいデバイスに「コントロール」コンポーネント/アプリを事前にインストールする必要があります。クライアントまたはコントロールの特定の設定を含む構成ファイルをリモートでデプロイし、検索機能を使用して探している設定を簡単に見つけることができます。

 

ローカルまたはワイドエリアネットワーク

N

TCP/IPもしくはHTTP(IPXとNetBIOSはレガシーサポート)を使ってLANまたはWAN上のコンピュータを検索し検出。

N

会社構成で検出したデバイスを保存、自動または手動でグループを定義しローカルまたは中央で保存。

N

PC名、DNS名またはネットワークアドレスで接続したことのあるコンピュータを直接接続。

N

PC名、DNS名またはネットワークアドレスで接続したことのあるコンピュータを直接接続。

N

異なる環境下でリアルタイムで複数のデバイスを検出して接続。

N

有線/無線接続のパフォーマンスを最適化。

インターネット回線の使用 (ゲートウェイ)

異なる場所、異なるファイアウォールの内側のPC間でシームレスなリモートコントロールを実現したい場合は、NetSupport Managerの通信ゲートウェイモジュールは、コントロールとクライアントの両システムがしっかりとしたそれぞれのファイアウォールの内側に設置されているにも関わらず、HTTPを介してNetSupport対応システムが検索して通信するための安定かつ安全な方法を提供します。ゲートウェイモジュールは、コントロールとクライアントPC双方がアクセス可能で静的IPが割り当てられたPCにインストールする必要があります。ゲートウェイは、同じゲートウェイセキュリティキーを使用しているコンピュータからの接続だけしか許可せず、外出しているスタッフがオフィスリソースにアクセスしたり、異なるサイト間のスタッフや顧客をサポートするために使用されます。ゲートウェイは、LAN/WANベースの通信を必要としません。

SSL/TLS証明書が追加され、優れたデータセキュリティが確保され、ゲートウェイを介して送信されるすべてのデータが確実に暗号化されるようになりました。独自の証明書を入力する、もしくはゲートウェイが Let's Encrypt 証明書をを作成して使用できるようにすることができます。さらに、コントロールゲートウェイキー、セキュリティキー、およびオペレーターパスワードも、より高いレベルの暗号化によって強化されています。

二要素認証(XNUMXFA)がゲートウェイに接続してリモート接続を開始するオペレーターに使用できるようになりました。 この追加のセキュリティレイヤーは、時間ベースのOTP(TOTP)またはDUOプッシュを使用して、オペレーターを最大XNUMX時間認証します。

プラットフォームを越えた接続性:

 

負荷分散ゲートウェイ

クライアントの重み/負荷を複数のサーバーに分散できるため、これらを使用してパフォーマンスをさらに向上させることができます。クライアントがメインゲートウェイに接続すると、そのゲートウェイは接続を受け入れるか、制限に達した場合は、ラウンドロビン方式を使用して負荷分散ゲートウェイのXNUMXつに再割り当てします。お客様は、各ロードバランサーの制限を設定したら、NetSupport Managerがゲートウェイを自動的に切り替えてシームレスなパフォーマンスを確保するので、ゆっくりとくつろぐことができます。一貫した最大のパフォーマンスと信頼性を保証するため、大企業にとって特に便利です。

 

NetSupport Manager ゲートウェイモジュール:

N

安全でファイアウォール化されたネットワークとコンピュータ間のシームレスで安全な遠隔サポート

N

既存のネットワークやファイアウォールのセキュリティを変更する必要なし。

N

セキュアな暗号化通信。

N

ゲートウェイあたり6,000台のクライアント同時接続をサポート。

N

負荷分散ゲートウェイを使用して、クライアントの重み/負荷を複数のサーバーに分散します

N

セキュリティキーによるアクセス制御。

N

ゲートウェイのクライアントのリストを名前、ユーザー名、アドレス、説明でフィルタリングする機能。

N

ユーザー承認によるアクセス制御。

N

接続のシングルポイントの障害を取り除く複数ゲートウェイの冗長性。

N

完全なトランザクションログ。

N

接続サーバーコンソールのデータは、さらに分析するために.csvファイルにエクスポートできます。

N

エクスポート機能は、接続されているすべてのクライアントを示すファイルを作成して、セキュリティを強化できます。

N

外部のサードパーティのサービスに依存関係はありません。

Intel vPro 対応

NetSupportクライアントがインストールされていない場合であっても、様々なリモートタスクを実行できるインテル®vPro™機能機能搭載PCを検索して特定するようにNetSupport Managerを設定することができます。

時間外のメンテナンスを行う時に、リモートマシンの電源を入れる、切る、再起動する機能、BIOS情報の表示と再設定、そして必要に応じてリモートオペレーティングシステムのイメージから起動する機能が含まれています。

AC電源を挿すと、ノートブックのシステム上で上記が無線で実行されます。

PIN接続

最新バージョンでは、独自の新しいPIN接続機能が含まれています。本質的には、両者が一致する独自のPINコードを入力するだけで技術者は即座に企業全体のどこにいてもユーザーを見つけることができます。ユーザーのPCを見つけるために検索したり、PC名、アドレス詳細等を必要とするよりも、PINは両者をシームレスに繋げることができます。新しいPINサーバモジュールは、単独またはゲートウェイモジュールと一緒に実行することができ、NetSupport Managerに標準で付属しています。(詳細については「バージョンXNUMXの新機能」のページを参照。).

プラットフォームを越えた接続性:

 

 

 

リモートワーク

NetSupport Manager で

5分でリモートワークをセットアップ!

重要なシステム、サーバー、ITユーザーの場所(および使用するプラットフォーム)に関係なく、NetSupport Managerの受賞歴のある安全なリモートコントロールツールにより、ITチームは、地理的な場所にある複数のサイトにわたるIT問題にすばやく対応できます。スタッフが突然在宅勤務を余儀なくされるシナリオで役立ちます。NetSupport Managerは、仕事用PCの前に座っているかのようにリモートでアクセスできます。何よりもセットアップにかかる時間はわずか5分です!

 

 

 

トレーニングと新人研修

NetSupport Manager関連製品 (無料同梱版)

企業教育とトレーニングによる専門能力開発は、ほとんどの企業が従業員のために投資するものです。 また、セッションを内部で実行している場合は、それらを提供するための柔軟なツールを手元に用意しておくとよいでしょう。

その名前とは裏腹に、NetSupport School は学校だけのものではありません。 これは、あらゆる種類の環境であらゆる年齢の学習者に適した、柔軟で完全な機能を備えた指導およびコラボレーション ソリューションであり、NetSupport Manager に無料で含まれています。 共同指導、評価、グループ作業に幅広い可能性を提供するだけでなく、講師が研修生のデバイスを直接指導して提示できるようにします。 セッションへの関与を高めるために、NetSupport School は、研修生が提示された情報をやり取り、質問、評価できるようにするツールも提供します。 また、各生徒にはセッション内容の学習ノートが提供され、後で参照することができます。

オプションのコンポーネント

IT管理と追跡

一斉通知とアラート

サービスデスクとチケット

 

 

IT管理と追跡

NetSupport Manager関連製品 (日本未発売、別料金オプション)

中小企業であろうと大企業であろうと、職場の慣行が変化し、変化しているため、堅実である必要があることが XNUMX つあります。それは、業務を継続するためのテクノロジーです。

NetSupport DNA を使用すると、IT 資産とエンドポイントを追跡、監視、管理し、それらが最大化され、適切に使用されていることを確認しながら、コスト削減とセキュリティ上の脅威をすべて XNUMX つの包括的なツールボックスから特定できます。

 

 

 

一斉通知とアラート

NetSupport Manager関連製品 (日本未発売、別料金オプション)

NetSupport Notify は、セキュリティの脅威、ネットワークの問題、またはメンテナンスの更新など (電子メールではできないこと) がある場合など、すべての/選択したスタッフに同時に遅滞なく通知する必要がある場合に不可欠です。 会社全体のデスクトップ ユーザー、仕事用デバイスでリモートで作業しているユーザー、さらにはホールやロビーの大規模な情報パネルにさえ、一方向のアラートと通知を送信します。 アラートは自動的に画面のフォーカスを取得します。つまり、アラートを非表示にしたり、無視したり、後で使用するために保存したりすることはできません。さらに、通知は特定のグループを対象にして、最大の影響を与えるようにスケジュールすることもできます。

 

 

 

サービスデスクとチケット

NetSupport Manager関連製品 (日本未発売、別料金オプション)

既存の IT インフラストラクチャに簡単に統合できる NetSupport ServiceDesk は、最も困難なサポートの課題を簡単に追跡、整理、管理、解決するために必要なプロセスを提供します。 完全にカスタマイズ可能で直感的なブラウザベースのインターフェイスは、デスクトップとモバイルの両方のプラットフォームをサポートし、堅牢なワークフロー プロセスを提供します。 また、豊富な管理レポートを提供するだけでなく、顧客フレンドリーなセルフサービス ポータル (技術者が効果的にサポートを提供するのに必要なすべてのツール) も提供します。

登録して最新情報を入手