サポートツール

ファイル転送

ユーザーは、簡単なドラッグアンドドロップを使用して自分のPCとユーザーのPC間でファイルを転送することができます。

リモートマシンを画面受信している時でもデスクトップに直接ドロップすることができます。

ディレクトリは、XNUMXつのワークステーションで自動的に同期され、適切なファイルの種類が編集されます。NetSupport Managerは、既に存在するファイルを上書きするときにデータ転送時間を減らすためにインテリジェントな差分ファイル転送を使用します。ファイル内のデータのB個々のブロックをチェックし、変更のあったデータだけを転送します。

ユーザーは、手軽に自分のPCから複数のクライアントPCに同時にファイルまたはフォルダを配布することができます。この機能を使用して、ファイルはすべての接続クライアント(エンドユーザー)PC、選択したPC、グループに配布されます。デスクトップまたは「マイドキュメント」フォルダに素早くドロップすることもできます。

NetSupport Managerの最新バージョンは、ライブフォルダを備えています。リモートPCにファイル転送を開始すると、そのデスクトップの開いているフォルダ(エクスプローラウィンドウ)へのパスが簡単に選択できるようにファイル転送画面の上部に表示されます。

リモートインベントリとシステム情報

ユーザーは、NetSupportコントロール内から各リモートPCワークステーションのインストールされているハードウェアとソフトウェアのリアルタイムビューを直接取得することができます。NetSupport Managerは、80項目以上の情報、特に各PCのハードウェアや環境を収集します。

加えて、現在インストールされているアプリケーションのソフトウェアインベントリだけでなくインストールされているすべてのOSホットフィックスも提供されます。

リモートサポートおよび診断を支援するため、ユーザーは、セキュリティ許可、メモリ内のアプリケーションの制御、時効されているすべてのサービス、現在インストールされているサービスをリモートで表示することができます。

統合

NetSupport Managerは、スタンドアローンおよび既存のシステムないの主要な部分としての両方で機能するように設計されています。このことを念頭において、NetSupport Managerは、環境にかかわらずNetSupport Managerがアクセス可能で直接使用できるようにコマンドラインインターフェイス、変数サポートやコマンドライン「スイッチ」を使用した機能へのアクセスを提供します。

登録して最新情報を入手