5分でリモートワークをセットアップ!

重要なシステム、サーバー、ITユーザーの場所(および使用するプラットフォーム)に関係なく、NetSupport Managerの受賞歴のある安全なリモートコントロールツールにより、ITチームは、地理的な場所にある複数のサイトにわたるIT問題にすばやく対応できます。スタッフが突然在宅勤務を余儀なくされるシナリオで役立ちます。NetSupport Managerは、仕事用PCの前に座っているかのようにリモートでアクセスできます。何よりもセットアップにかかる時間はわずか5分です!

使い方

NetSupport Managerには、最もシンプルなXNUMXつのコンポーネントがあります。

リモートで制御される各マシンに、NetSupport Managerクライアントをインストールします。また、リモートコントロールを実行するマシンにコントロールをインストールします。 シンプルですね!

ローカルネットワークでは、IPを介してスタッフのPCにすばやく簡単に接続できます。お使いのネットワーク外のPCへの接続を支援するために、NetSupport Managerはその接続を安全に管理するための独自のゲートウェイを提供します。そのため、自宅で仕事をしながらデスクトップPC上の貴重なアプリやリソースにアクセスしたり、リモートで作業しているスタッフにサポートや支援を提供したりしたい場合は、接続が完全に安全であるという認識の下でGatewayサービスを介して行うことができます。

リモートワークの準備はいいですか?

ステップ 1

  • ゲートウェイをセットアップすることから始めます。 アクセス方法に応じて、静的IPアドレスまたは動的DNSを持つPC(製品の仕様範囲内で)にインストールできます。 詳細なセットアップガイドはこちらをご覧ください。 .
  • 選択したPCでゲートウェイのインストーラーを実行します。
  • すべてのインターフェースでリッスンしていることを確認してください。 専用ポートに変更することをお勧めします – ガイドを見る。.
  • 組織独自のNSMのバージョンにするためにゲートウェイキーを設定できます。つまり、一致するキーを持つ組織内のデバイスのみがゲートウェイにアクセスできます。
  • キーが適用されたら、OKをクリックして完了です!
  • ゲートウェイにリモートでアクセスするには、外部アドレスからアクセスできるように単純なポート転送でルーターを構成するか、DMZでルーターを見つけます。 詳細についてはガイドをご覧ください。 .

ステップ 2
次に、リモートコントロールを可能にするPCに、提供されたインストーラーでNetSupport Managerクライアントをインストールし、環境設定を実行し、ゲイトウェイのアドレスを指定して一致するゲートウェイキーを適用します。PCがゲートウェイと同じネットワーク上にある場合、そのローカルIPアドレスを指定します。 ネットワークの外部にある場合、ゲートウェイの外部(パブリック)アドレスまたはDDNSを指定する必要があります。

そのセットアップの一環として、ゲートウェイで設定した一致するゲートウェイキーを追加し、そのデバイスで使用できる機能、または接続できるユーザーを構成することもできます。

ステップ 3

  • 最後に、NetSupport Managerコントロールソフトウェアを、デスクトップPC、スマートフォン、タブレットなどのリモートコントロールを実行にするデバイスにインストールします。
  • コントロールを開き、環境設定に移動します。ここでは、まず、IPではなくHTTPで接続していることを指定します(例えば移動中の使用)。
  • 次に、ゲートウェイの追加オプションをクリックして、ゲートウェイのアドレスを指定します。 同じルールが適用されます。ゲートウェイと同じ建物にいる場合は、内部IPアドレスを入力します。 移動中またはリモートにいる場合は、割り当てたパブリックアドレスまたはDDNSを入力します。
  • 終了したら、コントロール内のゲートウェイアイコンをクリックして、参照を選択します。 これにより、現在NetSupport Managerクライアントがインストールされていて、ゲートウェイでアクティブになっているすべてのPCのリストが表示されます。
  • これで、あたかもそのマシンの前に座っているかのように、そのマシンを使用するための制御と柔軟性が得られます!

リモートワーク、すべてのデスクトップアプリとリソースにアクセス、ITインフラストラクチャを遠くから管理、もしくは自宅から作業するチームに技術サポートを提供するために使用。どの方向に関係なく、NetSupport Managerでカバーされます。

技術ガイドを参照してください 詳細な手順とスクリーンショットについては、