接続性

NetSupport Managerは、デバイスがどこにあってもアクセスできる広範囲の接続方法を提供します。何よりもまず、NetSupport Managerは、接続したいデバイスに「クライアント」コンポーネントを、リモートコントロール接続を開始したいデバイスに「コントロール」コンポーネント/アプリを事前にインストールする必要があります。

ローカルまたはワイドエリアネットワーク

TCP/IPもしくはHTTP(IPXとNetBIOSはレガシーサポート)を使ってLANまたはWAN上のコンピュータを検索し検出。
会社構成で検出したデバイスを保存、自動または手動でグループを定義しローカルまたは中央で保存。
PC名、DNS名またはネットワークアドレスで接続したことのあるコンピュータを直接接続。
PC名、DNS名またはネットワークアドレスで接続したことのあるコンピュータを直接接続。
異なる環境下でリアルタイムで複数のデバイスを検出して接続。
有線/無線接続のパフォーマンスを最適化。

インターネット回線の使用

異なる場所、異なるファイアウォールの内側のPC間でシームレスなリモートコントロールを実現したい場合は、NetSupport Managerの通信ゲートウェイモジュールは、コントロールとクライアントの両システムがしっかりとしたそれぞれのファイアウォールの内側に設置されているにも関わらず、HTTPを介してNetSupport対応システムが検索して通信するための安定かつ安全な方法を提供します。ゲートウェイモジュールは、コントロールとクライアントPC双方がアクセス可能で静的IPが割り当てられたPCにインストールする必要があります。ゲートウェイは、同じゲートウェイセキュリティキーを使用しているコンピュータからの接続だけしか許可せず、外出しているスタッフがオフィスリソースにアクセスしたり、異なるサイト間のスタッフや顧客をサポートするために使用されます。ゲートウェイは、LAN/WANベースの通信を必要としません。

NetSupport Manager ゲートウェイモジュール:

安全でファイアウォール化されたネットワークとコンピュータ間のシームレスで安全な遠隔サポート
既存のネットワークやファイアウォールのセキュリティを変更する必要なし。
セキュアな暗号化通信。
ゲートウェイあたり6,000台のクライアント同時接続をサポート。
セキュリティキーによるアクセス制御。
ゲートウェイのクライアントのリストを名前、ユーザー名、アドレス、説明でフィルタリングする機能。
ユーザー承認によるアクセス制御。
接続のシングルポイントの障害を取り除く複数ゲートウェイの冗長性。
完全なトランザクションログ。
外部のサードパーティのサービスに依存関係はありません。

PIN接続

最新バージョンでは、独自の新しいPIN接続機能が含まれています。本質的には、両者が一致する独自のPINコードを入力するだけで技術者は即座に企業全体のどこにいてもユーザーを見つけることができます。ユーザーのPCを見つけるために検索したり、PC名、アドレス詳細等を必要とするよりも、PINは両者をシームレスに繋げることができます。新しいPINサーバモジュールは、単独またはゲートウェイモジュールと一緒に実行することができ、NetSupport Managerに標準で付属しています。(詳細については「バージョンXNUMXの新機能」のページを参照。).

Intel vPro 対応

NetSupportクライアントがインストールされていない場合であっても、様々なリモートタスクを実行できるインテル®vPro™機能機能搭載PCを検索して特定するようにNetSupport Managerを設定することができます。

時間外のメンテナンスを行う時に、リモートマシンの電源を入れる、切る、再起動する機能、BIOS情報の表示と再設定、そして必要に応じてリモートオペレーティングシステムのイメージから起動する機能が含まれています。

AC電源を挿すと、ノートブックのシステム上で上記が無線で実行されます。

プラットフォームを越えた接続性:

登録して最新情報を入手