新機能と機能強化  

NetSupport Managerv14には以下が含まれます:

まったく新しいユーザーインターフェイスにより、すべてワンクリックで機能の識別とナビゲートがさらに簡単になります。現在および変化するニーズを満たすために企業と直接共同制作された、上部のリボンバー形式の直感的なレイアウトにより、タスクの完了が迅速になります。余分な不要な手順に煩わされることなく、各ツールの更新されたアイコンにより、適用できる機能と基準が明確になります。たとえば、

  • ステータスバーには、接続されているすべてのクライアントのリストが表示されるようになり、接続しているクライアントを一目で確認できます。  
  • コントロールの構成とクライアントの構成に検索機能が追加され、探している設定を簡単に見つけることができます。
  • リストビューでクライアントをダブルクリックしたときに実行するアクションを指定できるようになりました。 デフォルトではクライアント画面の表示に設定されています。
  • ツリービューを非表示にできるようになり、リストビューでクライアントを操作する際により多くのスペースが確保されます。 ツリービューをコンパクト モードで表示するように選択することもできます。これにより、グループなどの多くのアイテムを含むフォルダーを表示するときにスクロール バーを使用する必要がなくなります。
  • PowerShell とリモート コマンドプロンプトが右クリック メニューに追加され、アクセスしやすくなりました。
  • アプリケーションを表示しているときに、クライアントでアプリケーションをすばやく起動できるようになりました。

二要素認証(XNUMXFA)がゲートウェイに接続してリモート接続を開始するオペレーターに使用できるようになりました。 この追加のセキュリティレイヤーは、時間ベースのOTP(TOTP)またはDUOプッシュを使用して、オペレーターを最大XNUMX時間認証します。

ネットワーク全体でクライアントの認証と承認をさらに強化するために、NetSupport Manager は RADIUS 認証を使用するビジネスをサポートするようになりました。特定のクライアントに必要な検証のレベルに応じて、XNUMXFA と組み合わせて使用することもできます。

SSL/TLS証明書が追加され、優れたデータセキュリティが確保され、ゲートウェイを介して送信されるすべてのデータが確実に暗号化されるようになりました。独自の証明書を入力する、もしくはゲートウェイが Let's Encrypt 証明書をを作成して使用できるようにすることができます。さらに、コントロールゲートウェイキー、セキュリティキー、およびオペレーターパスワードも、より高いレベルの暗号化によって強化されています。

クライアントの実行可能ファイルの名前が変更されると、実行できなくなり、エクスプロイトやマルウェアとの戦いと保護に役立ちます。これは、有害なアクティビティが発生しないようにするための便利な機能です。

クライアントログファイルを編集して、選択した情報のみを表示し、データ保護をさらにサポートできます。たとえば、サポートを受ける際にユーザー名などの個人データを保護。 必要に応じて、「x」日より古いクライアントログファイルをクリアすることもできます。

負荷分散ゲートウェイは、絶えず変化する作業環境に対応するために導入されました。これらは、既存のゲートウェイを通過する接続をプロアクティブに管理し、制限に達した場合、クライアント接続を次に使用可能なゲートウェイに自動的に割り当てます。 これは、オペレーターの介入を必要とせずに一貫した最大のパフォーマンスと信頼性を保証するため、大企業に特に役立ちます。

接続サーバーコンソールのデータを.csvファイルにエクスポートして、さらに分析しやすくすることができます。また、セキュリティをサポートするために、エクスポート機能により、接続されているすべてのクライアントを示すファイルを作成できます。

ダウンロードフォルダーがツリービューに表示されるようになり、ファイルをすばやく簡単に直接転送できます。定期的にアクセスする必要があるフォルダーは、ツリービューの [お気に入り] フォルダーに追加できます。定期的にアクセスする必要があるフォルダーは、ツリ ビューの [お気に入り] フォルダーに追加できます。クライアント マシン上のファイルをコントロールでシームレスに開いて編集できるようになりました。クライアントファイルをダブルクリックしてコントロールマシンにアップロードし、必要な変更を加えると、クライアントマシンにコピーされます。

リボンの再生アイコンからリプレイファイルのリストを利用できるようになり、すばやく簡単にアクセスできるようになりました。 再生された新しい録音とリプレイファイルが自動的にリストに追加されます。

プラットフォームのサポートがWindowsXNUMX, XNUMXSE,とWindowsServerXNUMXに拡張され、テクノロジーの将来性がさらに向上しました。

NetSupport Managerv12.8には以下が含まれます:

アプリケーションを表示
エンドユーザーにアプリケーションを表示する場合、アプリケーションを別ウィンドウに表示するように選択できるようになりました(表示モード設定を使用)。エンドユーザーは通常どおり自分の画面を使用でき、生産性レベルを維持できます。

エンドユーザに複数の画面上のアプリケーションを表示する場合、アプリケーションのアクセス可能なビューをエンドユーザに提供するためにデスクトップ全体を表示するように画面が圧縮されます。

HTTPアクセス
ゲートウェイのセキュリティをさらに強化するために、NetSupport Managerには、ユーザーのIPアドレスに基づいてHTTPアクセスを制御するオプションが含まれるようになりました。

クライアントの一覧をフィルタ
すばやく効率的にクライアントを見つけ接続するために、ITチームは名前、ユーザー名、アドレス、説明でクライアントの一覧をフィルターできるようになりました。

サムネイル表示
接続されたデバイスのサムネイル(コントロールに表示)は、さらに性能を向上させるために最適化されています。

フィードバックモード*
NetSupport School(NetSupport Managerに付属)は、学校の授業やスタッフトレーニングセッションなどでフィードバックをキャプチャし、全員がトピックを理解していることを確認したり、クラスの全体的な気分を測定したりするための優れた方法を提供します。

The teacher/trainer can choose from several visual indicators to gauge feedback from the class. Once the option has been selected, a dialog box opens to allow a question to be entered and sent to the class. The chosen visual, along with the question, will then appear on the PCs of each member of the class so they can make their selections.

すべてのフィードバックの結果は、XNUMXつの形式でコンソールに報告されます。リスト形式のレポート(各個人のフィードバックを表示)では、教師/トレーナーは各人の気分や理解を掘り下げることができます。またはチャートビューでは、一般的な気分や理解を一目で確認できます。

*この機能には、NetSupport Managerインストーラーパッケージから利用できる付属のNetSupport Schoolコンポーネント(教室での指導/トレーニング機能を提供)が必要です。

簡単モード*
NetSupport School(NetSupport Managerに付属)には、コンソールのユーザーインターフェースを使用するためのXNUMXつのモードが含まれています。簡単、中級、上級にテクノロジーの経験や知識に関係なくすべてのユーザーがその機能にアクセスできます。新しい「簡単」モードでは、テクノロジーが苦手なインストラクターは基本的なコアツールのみを表示して使用でき、シンプルさと使いやすさをサポートします。

簡単モードに含まれるツール:

  • ロック/ロック解除
  • ブランク画面
  • PCの電源オン
  • エンドユーザーにメッセージ
  • フィードバックモード
  • すべてのインターネットをブロック
  • ヘルプ依頼
  • クライアント側の「音声ミュート」
  • 授業タイマー

「中級」モード(以前の「基本」モード)には、使用頻度の高いツールが含まれています。また、上級モードには、NetSupport Schoolで利用可能なすべての機能があります。

*この機能には、NetSupport Managerインストーラーパッケージから利用できる付属のNetSupport Schoolコンポーネント(教室での指導/トレーニング機能を提供)が必要です。

NetSupport Managerv12.7には以下が含まれます:

NetSupport Managerの最新バージョンには、いくつかの追加機能と拡張機能が追加されています。

  • PDFおよびXPSファイルへのキャプチャをサポートするために、プリントキャプチャ機能の更新が追加されました。
  • ゲートウェイのパフォーマンスの統計を提供するために更新されたサポートツール。
  • ClassLink OneRosterとの統合(NetSupport Schoolが必要)、より柔軟な接続方法を提供します。

NetSupport Managerv12.5には以下が含まれます:

Android用の新しいクライアントアプリ
TheAndroid Client app enables existing Control users of NetSupport Manager v12.50 to remotely connect to Android client devices (Android 4 or later) for enhanced real-time interaction and system support whilst on the move.

IT技術者(コントロールユーザー)は、PIN(一致するコードを共有することで、クライアントデバイスとコントロール間のシームレスで安全な接続を可能にする機能)を介してAndroidデバイスに接続できます。さらに、コントロールとクライアントはXNUMX対XNUMXのテキストチャットセッションを実行できます。または、クライアントは既存のコントロールが開始したグループディスカッションに参加して、リモートサポートの課題を整理できます。

問題解決をさらに支援するために、コントロールセッション中にAndroidクライアントのデバイスからスクリーンショットを撮ることができます。さらに、クライアントデバイスとの間でファイルをすばやく簡単に転送できるため、作業の柔軟性と使いやすさが向上します。

NetSupport Manager Androidクライアントアプリは、既存のNetSupport Manager 12.5ライセンスで使用でき、 Google Play ストアから入手できます。

新機能PowerShell機能。
選択したWindowsクライアント側でPowerShellコマンドを素早く簡単に実行するためのPowerShellウィンドウを起動します。

新しい展開の機能強化
新機能電源がオフのマシンにWake-on-LAN Windowsコマンドを送信し、迅速にローカルのマシンの場所を検出できるデプロイの強化。

新たにデプロイを強化 機能強化ファイル転送と配布の速度。

新たにデプロイを強化 機能強化ファイル転送と配布の速度。

新たにデプロイを強化 機能強化Windowsのインベントリプロセス監視部分 - プロセスID、ハンドルとオブジェクトの数などの新しい情報が、プロセスメモリの使用率などの増減率を示すリアルタイム統計とともに表示されるようになりました。

バージョン12の要約

最新バージョンの新機能と機能強化をご覧ください NetSupport Manager v12.

登録して最新情報を入手